先輩からのメッセージ

MBCサンステージで活躍中の先輩方からのメッセージです!

業務部音響課 前村 玲奈(2019年4月入社)

臨機応変に現場での対応ができるように音響技術者としての引き出しを増やして、一日も早く現場を任せてもらえるようになりたいと思いながら、日々頑張っています。
まだまだ知識も経験も少ないですが、小規模の現場は一人や先輩にサポートについてもらいながら担当させてもらえるようになりました。また、先輩と二人の現場が多いのでステージ側は任せてもらえるようになりました。
現場での大小のミスはありますが、先輩にフォローしてもらいながら、無事終了することができています。本番終了後にアドバイスをもらいつつ、笑い話に変えてくれる、そんな先輩方をとても尊敬しています。

業務部音響課 栫井 亜海(2019年4月入社)

私は、高校卒業後、音響・照明・映像の専門学校に入学しました。
1年生の時、初めての野外学習で「フェス」のお手伝いをさせてもらい、照明も映像も凄かったのですが、私が1番感動したのが「音響」でした。それから音響という仕事に興味を持ち、音響について学びました。
入社後は、式典、音楽イベント、夏祭りやホールでの業務など様々な現場を経験し、失敗もありますが、1つ1つ一生懸命取り組んでいます。1人前の音響技術者になれるよう日々努力していきたいと思います。

企画部企画課 堂山 智美(2019年4月入社)

私が所属する企画部は、イベントに向けての準備・調整が主な仕事です。
会場で楽しんでくれるお客様の姿を自分の目で直接見ることができ、お客様の「楽しみ」、「思い出」に携わることができる仕事として遣り甲斐を感じています。また、1つとして全く同じというイベントはなく、毎回新しい発見があります。様々な経験が次につながるので日々充実して仕事に取り組んでいます。


業務部照明課 江藤 拓海(2016年4月入社)

高校卒業後、音響照明が学べる専門学校へ通いました。自分自身バンド活動をしたり、好きなアーティストのライブを見に行ったりするのが趣味で、その頃から舞台照明というものに興味を持ち始めました。自分が育った地元鹿児島で音響照明の仕事がしたいと思っていた時に見つけたのがMBCサンステージでした。
入社してからは現地照明や野外フェスで自分が好きなアーティストの現場に行けたり、地元イベントで演歌やクラシックバレエ、日本舞踊など様々なジャンルの現場で経験を積ませていただいています。
現在は主にピンスポットの操作をメインに業務を行っていますが、これからはさらに経験を積んで照明デザインやオペレートも任せてもらえるように日々精進しています。


制作部制作課 福元 修太朗(2016年4月入社)

私の所属している制作部は、映像関連の業務を行います。イベントや講演会で使用するモニターやプロジェクターなど映像機材の設営・管理・オペレート業務や収録した映像の編集・納品作業、また学会での発表データの受付やオペレート業務も行っています。
映像機器は、日々進歩しているため新しい機器への移り変わりが早く、覚えることも多いため大変ですが、その分本番を無事に終えることが出来た時は達成感を得ることが出来ます。
社内の先輩は、部署関係なく分からないところは丁寧に教えてもらえるので、経験が無くても安心して仕事が出来ています。

MBC南日本放送
MBC開発
MBCホール